サービスアパート物件のよくある質問

サービスアパート物件に関して

サービスアパート:全般 (4)

シラチャのサービスアパートは、基本的には外国人向けに作られているためタイ人はほとんど住んでいません。シラチャでは特に日本人を対象に運営されているケースがほとんどですので、日本人比率も9割以上の物件が比較的大多数になります。例外的に小さな個人経営のサービスアパートなどは、お家賃も安く設定しているため他の外国人や中にはタイ人が住まれているケースもあります。

サービスアパートに付くサービスは様々なものがありますが、インターネット、日本語TV、メイド(掃除)サービス、ランドリーサービスは大抵どの物件にも付いている主要なサービスになります。特に日本語TVについては、シラチャでは日本人を対象にした所が多いので、ほぼ全てのサービスアパートで標準で日本のTV番組が視聴できるようになっています。

ある程度、規模の大きな一般的なサービスアパートの場合、通常セキュリティガード(警備員)が24時間常駐しており、サービスアパート内にも防犯カメラ(CCTV)等が設置されていますので、セキュリティー面は非常に安心できる物件がほとんどです。又サービスアパートにはホテルと同じく「フロント」があり24時間フロントのスタッフも常駐しているため、部外者は侵入しにくいという点もあります。個人経営の小さなサービスアパートでは警備員は付かず、防犯カメラだけついているケースもあります。

現状としてシラチャの中規模以上のサービスアパートでは、シャトルバスを巡回させている所が大多数になります。行き先が決まっているケースでは、ロビンソンやAEONモール、J-Parkなどの主要箇所を回っているケースが多く、シャトルバスの時間帯は各物件で違いますが、1時間に1本等の頻度で巡回しているバスも多くあります。物件によっては事前に予約をする事で何時でも対応してくれる所もあります。

Load More


Load More


Load More

最適なサービスアパートの検索はこちらより