シラチャの不動産の種類

シラチャの不動産は大きく分けて3タイプがあります。ここでは賃貸物件(住居物件に限定)において、選択できる3つの不動産タイプをご紹介いたします

 

シラチャの不動産タイプ①:サービスアパートメント

シラチャの不動産タイプ その1 サービスアパート

まず最初のタイプはサービスアパートになります。サービスアパートはホテルと同様で、ロビーやレストラン(朝食ビュッフェ)などがあり、お部屋内にはインターネット、日本語TV、洗濯、掃除などの各種サービスが整っています。又シャトルバスを運行している物件がほとんどで、外出も楽々、揃える物の心配もほぼなく、至れり尽くせりの生活が期待できるサービスアパートは賃貸物件のタイプの中では最もクオリティが高く、人気のタイプになります

 

シラチャの不動産タイプ②:コンドミニアム

シラチャの不動産の種類 その2:コンドミニアム

日本で言う分譲マンションで、各部屋によってオーナーが違うため、同じ建物内でもお部屋の内装・付属品・家賃など条件が異なります。シラチャのコンドミニアムは中心街(シラチャナコン)に多く建設されており、それ以外でも中心地から近いスクンビット添いや海添い等にも多く所在しています。 ※J-Park周辺など、東のタイガーズー方面はご家族用の物件(戸建てや一軒家)が圧倒的に多く、コンドミニアムは建設計画が何箇所かで進んでいますが、現時点ではほとんどありません。

こちらもご参考に:▶️【エリアで分かれるシラチャの不動産】

 

シラチャの不動産タイプ③:戸建・一軒家

シラチャの不動産の種類 その3:戸建て一軒家

戸建物件の特徴はなんといっても敷地面積。2階建の物件が多く、お部屋数も3ベッドや4ベッドなどがあります。大家族やペットのあるご家庭、又ご友人同士など複数の人数で住むのに適した物件です。戸建・一軒家は、英語で総じてHouse(ハウス)と呼ばれていますが、さらに細かく分けると3種類のタイプのHouseがあります。

戸建(一軒家)もさらに3つのタイプに細分化できます

A. 一軒家 (Detached House)
シラチャの不動産の種類その3:一軒家 detached house
隣同士に十分なスペースがあり、庭付きで建てられている所謂「一軒家」と呼ばれるタイプ。圧倒的な広さとプライベートな空間を確保できるこの一軒家タイプは3種類の中で一番人気です。
B. ツインハウス (Twin House)
シラチャの不動産の種類その3:ツインハウス
ツインハウスとは2軒の家同士が隣り合わせに建てられたタイプの一軒家。片側はそれぞれの庭となり、隣り合わせの片側も敷居はあるので片隣の住人が気にならなければ、十分に一軒家の感覚で居住可能です。両隣が空いている一軒家と比較してリーズナブルなのが魅力です。
C. タウンハウス (Town House)
シラチャの不動産の種類その3:タウンハウス
タウンハウスは隣同士が何世帯も合わさっていて、賃料も比較的に一番安いタイプになります。一般的に構造も上記の一軒家タイプよりやや小さめに作られます。(お子様がまだ小さかったり少数のご家族には十分の広さがあります)端の物件は片側に誰もいないので(自身の物件の裏庭に回れる通り道になっているパターンが多いです)端のユニットは人気があります。

 

シラチャの不動産トップへ

シラチャの不動産の種類 はコメントを受け付けていません

シラチャのファミリー物件特集

シラチャのファミリー物件特集

数年前と比べシラチャでのファミリー用の物件も選択肢が多数増えてきました。以前はシラチャ中心部には狭いタイプのコンドミニアムしかなく、広さを求めるなら中心から離れた戸建物件の選択肢しかありませんでしたが、ここ数年で多数の選択肢が増え、今ではご家族でもゆったりと過ごせる大きめのサイズのコンドミニアムから設備サービスの整ったサービスアパート物件など、多種多様なファミリー用物件をご案内できるようになりました。ファミリー用として居住できる物件は、大きく分けて上記の3つのタイプがあります

ファミリー物件選びに重要視される3つの視点

物件を選ぶ際には、様々な要素が絡んできます。好き嫌いなどの個人差が大きく影響し、細かく書くと書ききれない程たくさんあると思いますが、ことタイのシラチャという場所でファミリー物件を選ぶ際は、これまでの統計的な事を踏まえると下記の3つを視点が重要視されていると感じています。

お部屋の広さを重要視する

せっかく日本を離れて海外にいるのだから、せめてタイにいる間だけでも日本では味わえないような広い空間で家族で生活したいという思いは皆様多く持たれています。

さらに詳しく

お隣との距離感を重要視する

お隣との物理的な距離も意味しますが、日本人の数が非常に多い団地など、コミュニティが密な心理的な意味の距離感も含まれます。好き嫌いが大きく分かれるポイント。

さらに詳しく

設備やサービスを重要視する

お部屋の設備やお部屋に不随するサービスを初め、建物内の設備や共有施設も含めて、生活していく上での利便性をやはり一番の重要ポイントに置かれるケースは多いです。

さらに詳しく

ロケーションは重要じゃないの?

もちろんロケーションも重要なポイントになってくるのは間違いありませんが、徒歩圏内で全てが完結してしまうようなファミリー物件は市内中心地に極少数しかなく、大多数の物件が中心から多少離れた場所にあります。ただ最近のシラチャではシャトルバスサービスが充実している物件が非常に多く、昔のように、遠くに住んでしまったがために「隔離・軟禁状態」になってしまう物件というのはかなり減ってきています。ショッピングやお食事など市内へお出かけの際はシャトルバスがあれば、ある程度は問題ないと言えると思います。強いていえばチェックするポイントとして周辺に軽く食べれる場所やコンビニなどがあればポイントは高いと思います。

シャトルバスも運行時間の確認とシャトルバスの種類もチェックが必要ですね。大きく分けて①運行スケジュール通りに巡回するシャトルバスと、②往復の場所や時間を自由に指定できるタイプのシャトルバスがある物件があります。

ファミリー物件のお問い合わせ

ご希望物件の具体的イメージを既にお持ちの方も、まだイメージがつかない状態で模索されている方も、ご相談に応じてベストなチョイスをご提案させていただいています。シラチャのファミリー物件を検討中の方はぜひ、下記フォームよりお問い合わせ下さい。

シラチャのファミリー物件特集 はコメントを受け付けていません

ファミリー物件選び:設備や共有施設から考える

お子様や家族でご利用できる設備

物件の広さに次いで、やはり設備や共有施設などを重要視されるケースは当然多く、現状ではサービスアパートでの選択肢も多数増えているため、様々な施設、サービスが利用できる物件が増えています

建物内の設備・共有施設の例
温泉(大浴場)を完備

大浴場の設備が整った物件は主にサービスアパートに多数あります。(一部戸建て物件もあり)

お子様のプレイグランド

戸建て物件の場合、お外で遊べるスペースも充実しています

朝食サービスが付いている

朝食サービスが含まれる物件は主にサービスアパートになります

ゴルフシュミレーター

ゴルフをされるご主人様には嬉しい共有施設 
複数のサービスアパートで設置されてます。

室内テニスコート

こちらに関しては一件のみですが、建物内でテニスが楽しめます

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

このような共有施設や設備は比較的にサービスアパートタイプの物件を中心に充実しています。※一部の戸建て物件も、日本人向けに作られた物件は分類としてはサービスアパートタイプに属しますので、戸建物件でも充実している物件は多数あります

 

ファミリー物件選び:設備や共有施設から考える はコメントを受け付けていません

シラチャのファミリー物件:お隣との距離感から選択する

お隣とのディスタンス(距離)
敷地面積が広い大規模な戸建団地

お隣との距離が全く気にならない物件の配置

庭で囲まれたプライベートスペース

庭と外壁に守られ周辺との距離を十分に確保

近くても、壁は共有しない

隣同士が近くても、十分にディスタンスを確保

シラチャの戸建て物件について

シラチャにある戸建て物件には、具体的にどのような物件があるでしょうか? 広さや設備やサービスなどの違いから、ご家族に最も適した戸建物件選びをサポートしています。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

コロナ以前でもお隣同士が近すぎる事にあまり心地よさを感じない方は一定数いらっしゃいましたが、特に現在のコロナ渦においてはお住まいでのお隣とのディスタンス(距離)を気にされる方は確実に増えつつあります。そういった意味で戸建・一軒家の物件というのは、このような状況に左右されず、お隣との距離を常に一定に保つ事ができるという大きなメリットがあります。

ファミリー物件のお問い合わせ

ご希望物件の具体的イメージを既にお持ちの方も、まだイメージがつかない状態で模索されている方も、ご相談に応じてベストなチョイスをご提案させていただいています。シラチャのファミリー物件を検討中の方はぜひ、下記フォームよりお問い合わせ下さい。

シラチャのファミリー物件:お隣との距離感から選択する はコメントを受け付けていません

ファミリー物件:広さを重視した物件選び

ご家族で過ごすのに十分なスペース
高層ビルなのに中は広々とした空間

2ベッドルーム 150平米から300平米まで
戸建物件も顔負けのスペース

広いリビングから見渡す海の眺め

ベランダが非常に広い物件など、ユニ―クな物件多数

奥行のある巨大なキッチン

専用の本格的な換気扇に大きなシンクを完備
毎日行うの料理には欠かせない快適空間

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

ファミリー用の物件を探す上で、まず第一に広さが欲しいというご要望が多くあります。特にお子様が複数いらっしゃるご家庭では、今までのシラチャのコンドミニアムの平米数では窮屈に感じる事ががほとんどでしたが、現在は100平米以上、中には500平米を超えるようなありえない広さのファミリー用のコンドミニアム物件も登場しています。またシラチャには戸建物件が多数あり、広さでいうと戸建て・一軒家の方が圧倒的に数が多いのが現状です。広さに加えご家族だけのプライベートな空間を持てる感覚は、今も昔も戸建物件の大きな魅力の一つになっています。

ファミリー物件のお問い合わせ

ご希望物件の具体的イメージを既にお持ちの方も、まだイメージがつかない状態で模索されている方も、ご相談に応じてベストなチョイスをご提案させていただいています。シラチャのファミリー物件を検討中の方はぜひ、下記フォームよりお問い合わせ下さい。

ファミリー物件:広さを重視した物件選び はコメントを受け付けていません

ファミリー物件探しに関するサポート内容

仲介手数料について

はじめに仲介手数料についてですが、こちらは完全無料になります。 タイでは一般的に住居物件の借り手に仲介料を請求する事はありませんので、タイの商習慣通り弊社でも借り手にあたるお客様からの仲介手数料はいただいていません。又、仲介手数料以外にもお客様への金銭的な負担は一切発生致しません。住居の物件探しからご見学→ご契約→ご退去される最後までサポートしていますので、どうぞご安心の上、お気軽にご利用下さい

賃貸物件:サポートの基本内容
❶物件選定のサポート:希望物件を見つけるためのサポート ❷ご契約時のサポート:条件等の交渉事を始め、契約にいたるまでのプロセス ❸ご入居中のサポート:ご入居中はいつでもご相談に対応(日本人サポートあり) ❹ご退去時のサポート:ご退去時の契約に関わる手続き
キングフィッシャー不動産の3つの強み

サービスアパート シラチャ

より良い条件での効率的な物件探し
サービスアパートを含め長年シラチャでのサービスアパート仲介の実積(人数)により、弊社だけへの特別なディスカウントや条件をいただいている物件が多数あります。物件探しにおいてはより有利な条件交渉をベースにお客様の細かな条件も極力考慮した物件を効率的に選択できるようお手伝いしています。
初めてのタイでも分かりやすくご案内
初めてタイやシラチャにお越しになる方でも物件やタイの習慣等に対する疑問や不思議に分かりやすくご説明・ご案内しています。不動産に関わる事に限らず、言葉や文化が違う国では、疑問に思う事はたくさんあると思います。ご契約や賃貸の事からふとした日常の事まで何でもご相談下さい 
長年蓄積された現地の情報を共有
物件に関してはメリット以外にデメリットになる情報も中立にお伝えしています、又シラチャで長年運営しているからこそ知っているそのエリアの情報や生活に関する細かな情報(過去にその場所や付近で何が起きたかなど)普通はあまり公表しないような事でも、これから生活をするにあたり必要と思われる情報であれば聞かれた事には惜しみなくお答えしています。今後生活していく際に気になっている事がありましたら些細な事でもお気軽にご相談下さい。

ご見学の際も、ご希望の方へはシラチャの主要箇所やお子様の学校の位置確認など事前に把握したい事がありましたら、物件のご見学ついてでに市内を車でご案内いたしますので、ご遠慮なくお知らせ下さい

ファミリー物件探しはこちらより

ファミリー物件探しに関するサポート内容 はコメントを受け付けていません

ファミリー物件:3種類のタイプ

ファミリー物件①:サービスアパートメント

サービスアパートはホテルと思っていただければ分かりやすいと思います。ロビーやレストランがあり、インターネット、日本語TV、洗濯、掃除などのメイドサービスも受ける事が可能です。シャトルバスがある所がほとんどです。至れり尽くせりのサービスが充実したサービスアパートは賃貸できる物件の種類の中では最もハイグレードになります
物件タイプ広さ(平均)オーナー個人契約/法人契約
サービスアパート50平米〜100平米法人運営可/可
ファミリー物件タイプ②:コンドミニアム

日本で言う分譲マンションで、各部屋によってオーナーが違うため、同じ建物内でもお部屋の内装・付属品・家賃など条件が異なります。シラチャのコンドミニアムは中心街(シラチャナコン)に多く建設されており、それ以外でも中心地から近いスクンビット添いや海添いなどに多く建っています。 J-Park周辺など、タイガーズー方面はご家族用のムーバーン(一軒家の集合地)が圧倒的に多く、コンドミニアムは建設計画が何箇所かで進んでいますが、現時点ではあまり多くはありません。
物件タイプ広さ(平均)オーナー個人契約/法人契約
コンドミニアム50平米〜300平米個人オーナー可/オーナーにより可
ファミリー物件タイプ③:戸建・一軒家

戸建物件の特徴はなんといっても敷地面積。2階建の物件が多く、お部屋数も3ベッドや4ベッドなどがあります。大家族やペットのあるご家庭、又ご友人同士など複数の人数で住むのに適した物件です。戸建・一軒家は、英語で総じてHouse(ハウス)と呼ばれていますが、さらに細かく分けると3種類のタイプのHouseがあります。
物件タイプ広さ(平均)オーナー個人契約/法人契約
戸建/一軒家100平米〜300平米個人オーナー可/オーナーにより可

戸建(一軒家)をさらに3つのタイプに細分化すると..

A. 一軒家 (Detached House)

隣同士に十分なスペースがあり、独立して建っているこれぞ一軒家というタイプ。プライベートな空間を確保できるこの一軒家タイプは家賃も3種類の中では一番高くなります
B. ツインハウス (Twin House)

twin

ツインハウスとは2軒の家同士が隣り合わせに建てられたタイプの一軒家。片側はそれぞれの庭となり、隣り合わせの片側も敷居はあるので隣の住人が気にならなければ、十分一軒家の感覚で居住可能です。
C. タウンハウス (Town House)

townhouse2

タウンハウスは隣同士が何世帯も合わさっていて、料金的には一番安いタイプになります。一般的に構造も上記の家より小さめに作られます。角の物件では片側は隣がいないので角のユニットは人気があります。
ファミリー物件:3種類のタイプ はコメントを受け付けていません

ファミリー物件のお問い合わせ

ファミリー物件をお探しの方はこちらから

既にご希望物件のイメージをお持ちの場合、下記フォームから細かなご希望をお知らせ下さい
まだイメージが湧かない場合は、広さや家賃等の最低限の情報だけご記入いただければ、弊社から複数の物件をご提案いたします。その他にご要望やご相談がありましたら、どうぞご遠慮なく追記欄へご記入下さい。

一言

ご要望に完全マッチする物件がない場合は、近い物件から順にご提案いたします。

ファミリー物件のお問い合わせ

ステップ 1 の 7 - お部屋の間取りと方角

  • ご希望の間取りをご選択下さい
  • 最低限必要な広さがあれば、何平米以上という形でご記入下さい (範囲でも構いません 例:50平米〜80平米)
  • お部屋の見晴らしなど希望があれば選択下さい

お急ぎの方はお電話・Eメールからも承っております

Eメール:kingfisher1web@gmail.com

ファミリー物件のお問い合わせ はコメントを受け付けていません

戸建住宅の日本人居住率と全体の比較

戸建集合住宅地の日本人居住率

シラチャには様々な戸建集合住宅がありますが、日系の集合住宅地はやはり日本人のために建設されているため、ほぼ100%の世帯が日本人で構成されています。シラチャの日系以外の一般的な戸建ての集合住宅地では、日本人居住率は数%から多くて10%程度になっています。一般的な集合住宅の代表的な例をあげると、シラチャで有名な「The Boulevard」(ザ・ブルワード)という戸建て集合住宅がありますが、計300世帯あるうちの日本人居住率は10%ですので、それでも30世帯は日本人のご家族が暮らしている事になります。

日系の集合住宅と一般の集合住宅の比較

ここでは日系の集合住宅と一般の集合住宅との違いを簡単に比較してみます。それぞれに一長一短あると思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

※日系の集合住宅の代表的な物件と、一般の集合住宅の代表的な物件を例にして比較しています。

 

比較項目    一般の集合住宅物件日系の集合住宅物件
日本人居住率:10%前後ほぼ100%
個人契約:
法人契約:※オーナーにより制限あり
フィットネス:ありあり
プール:ありあり
公園:
(プレイグラウンド)
ありあり
食事:レストラン完備
(タイ食、西洋食)
日本食のデリバリーあり
習い事:ヨガやエアロビ等の運動系のクラスあり日本の子供向けの塾や奥様向けの習い事あり
ご近所との距離:戸建なので庭がありお隣とのスペースも余裕がある壁が隣り合わせ(共有している)ので、お隣との距離は近い
間取りや広さ:ベッドルーム、リビング、キッチン共に広々としていて、一階にも二階にもトイレがあるのが通常日本の家をイメージしているので、タイの基準では若干小さめでコンパクトに作られている
使い勝手:タイ、西洋の基準でレイアウトができているので、人によっては使いにくいと感じる事も。日本人向けに作られているので、使い勝手は非常に良い。特にバスルームやトイレなど
ガス/IHIH(ガスは利用不可)物件によって異なるが、ガスを利用できる物件が過半数以上
セキュリティーしっかりしているしっかりしている
ペット:不可室外(庭)は可。室内はオーナーと要相談。
戸建住宅の日本人居住率と全体の比較 はコメントを受け付けていません

ファミリー物件のよくある質問

ファミリー物件に関して

ファミリー物件:全般 (12)

小学校以上の日本人学校であれば、シラチャのどのエリアでも学校までの送迎えがあります。(パタヤの一部地域でも送迎があります)日系の幼稚園などは大抵はシラチャの全エリアが送迎の対象ですが、一部の幼稚園は送迎エリアを限定している所もありますので、ご相談下さい

ご入居までの流れを簡単にまとめていますので、こちらをご参照下さい。

▶️ご入居までの流れ

中規模以上のサービスアパートであればにシャトルバスサービスが運行してる所がほとんどになります。戸建物件やコンドミニアムの場合、基本的にはシャトルバスは付いていませんが、一部法人が一括管理しているような大型の物件は運行している物件もあります。シャトルバスの行き先は、ロビンソンやAEONモール、J-Parkなどの主要箇所を回っているケースが多く、シャトルバス出発の時間帯は各物件で違いますが、1時間に1本等の頻度で巡回している所が多い印象です。帰りも指定時間に同じ場所から物件までシャトルバスが運行しています。物件によっては事前に予約をする事で何時でも運行してくれる所もあります。この場合は、予め時間を指定いただければ、帰りの際もお迎えに来てもらえます。

基本的にサービスアパートではペット禁止の物件がほとんどになります。コンドミニアムや戸建物件においては、オーナー様の許可があれば可能です。戸建の場合、室外犬などの外で飼われるケースは特に問題はありませんが、室内犬の場合は同様にオーナーとの相談が事前に必要となります。ペットによる家具や備品の汚れ、匂い、損傷等が心配で断られるケースが多いため、もしそういった部分を借主様で賄える場合は、ペットを飼われる事で起きうる損傷を退去時に自費でカバーする内容を契約書に盛り込む事でオーナー様に交渉いたします。室内型のペットを飼われたい方は一度ご相談下さい

ご見学から賃貸契約に至るまで、手数料は一切ございません。タイの商習慣として、他の不動産会社同様に仲介手数料等を借主側からはいただく事はありませんのでご安心下さい。

お時間がない場合は、087 1264870 までお電話下さい。お客様の分かる範囲での基本的な条件(ご予算や間取り等)をいただけましたら、候補の物件を複数用意し、すぐにご見学できるよう準備を致します。ご見学に関してはこちらをご参照下さい
▶️ファミリー物件の見学について

サービスアパートのような物件では、中には音に対して厳しい物件もありますが、基本的に夜遅い時間でなければ、ピアノを弾く事には特に問題ありません。グランドピアノのような大きな音が出るピアノになりますと選択肢は戸建物件のみとなります(戸建で隣同士が隣接していない物件)戸建物件の場合お隣の音もほとんど気になりませんので、大きな音が出る楽器をお持ちの場合は戸建物件をおすすめいたします。総じて電子ピアノや大きくないピアノであれば、ご近所が寝静まった後の夜遅い時間を除けば基本的には問題はない所が多いと言えますので、気になる方はぜひご相談下さい。シラチャでピアノのレンタルショップ等もございますので、お探しの場合はお店の情報等もご提供しています。

全ての物件で必要最低限の家具や電化製品は全て揃った状態で賃貸に出されています。ただ、オーナー様によって揃える家具や電化製品は物件のよって若干異なりますので、多少の違いは出てくると思いますが、電化製品であれば冷蔵庫、洗濯機、エアコン、電子レンジ、ケトル、炊飯器、給湯器は必須の物として必ず付いており、お部屋に準備いたしますので、ご購入は不要です。

例えば不要なベッドルームのベッドを撤去する事に関しては、サービスアパートでは難しいケースもありますが、コンドミニアムや戸建物件では大抵の場合は可能です(但しオーナー様によって、置く場所がない場合は撤去が難しい場合もあります)代わりに勉強机や椅子をご用意する事も、オーナーへリクエストする事で可能になります。特に個人オーナー(コンドミニアムと戸建)では、こういったリクエストは契約時にお伝えする事で準備していただけるケースも多いので、お気軽にご相談下さい

広さでいうとまずは、戸建物件が一番に思いつくと思いますが、戸建以外でも市内の新築コンドミニアムで広い物件がございます。2ベッド以上のファミリータイプでは100平米から広い物件では300平米、最大で500平米という圧倒的な広さのコンドミニアム物件もございます。様々なバリエーションがございますので、他の細かな要望と合わせてお問い合わせ下さい。

シラチャのファミリー向け物件には、大きく分けてサービスアパートとコンドミニアム、そして戸建物件の3種類があります。また戸建物件でも細かく分けるとさらに3種類のタイプがあります。それぞれ特徴も異なりますので、一概にどれが良いという事はありませんが、どのタイプの物件がご家族の生活スタイルに合うかで選択肢も絞られてくるかと思います。
▶️詳しくはこちらはご参照下さい:シラチャのファミリー物件 3種類のタイプ

利便性の良いエリアとしましてはシラチャの中心部になりますが、中心部の中でも物件の所在地は様々で、徒歩のみで全てが済んでしまうような物件は比較的少数です。ただ、例えばサービスアパートの物件タイプになりますと、シャトルバスが付いている物件が多数あります。シャトルバスの行き先は物件によって多少の違いはありますが、大抵の場合シラチャの主要箇所(ロビンソン、AEONモール、J-Park、病院)を巡回しています。多少離れた所にある物件でも、シャトルバスがあればそこまでの不便さはないとは思います。

Load More

ファミリー物件に関するご質問

物件に関する事、お子様に関する事、通学事情や生活全般についてシラチャのファミリー物件を検討中でご相談がありましたら、些細な事でもお気軽にご相談下さい。
  • このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。

ファミリー物件のよくある質問 はコメントを受け付けていません
Style Selector
Select the layout
Choose the theme
Preset colors
No Preset
Select the pattern