単身用物件について

シラチャの単身物件は大きく分けて2種類

 

単身用の物件は大きく分けてサービスアパートメントかコンドミニアムの2種類に分かれます。サービスアパートはホテルに長期滞在するようなイメージ、コンドミニアムは分譲マンションのようなイメージです。一見お部屋の外観からは見分けがつきにくい2つの物件タイプですが、実際に住む上でメリットやデメリットを含め様々な違いがあります。

 
自分に合う物件を見つけるための3つの視点

 

近年のシラチャでの物件の増加に伴い単身物件も選択肢が増えました。物件によっての特色やメリットも様々に増え、個々の価値観やライフスタイルに沿った物件もご紹介できるようになりました。また、単身物件は多数ありますので、ロケーションやお仕事へのアクセスも物件選びに重要な視点になります。物件選定の基準として、より多くの方が気にされる視点を大きく3つに分けて考えてみます。

 

【ライフスタイル】に合わせて物件を探す

ナイトライフを大事にされる方、静かな場所でゆったり暮らしたい方、はたまたアウトドアの趣味か、インドア派かなど自分のライフスタイルとマッチした物件選び

さらに詳しく

【ロケーションやアクセス】を基準に考える

周辺の利便性の高い所で生活したいご要望や、お仕事へのアクセスを重点に置かれる方も含め、物件のロケーションは非常に重要なポイントになります。

さらに詳しく

【付随するサービスや設備】を重要視する

単身者、特にお忙しい方にとってお部屋のサービスや建物内の設備など、「自分の生活をどれだけ楽にさせてくれるか」という視点は重要な要素になります。

さらに詳しく

限られたご予算の中で最良の物件を選択するには

シラチャの単身物件の選択肢は多数ありますが、やはりご予算の事情が関係してきます。会社の規定で家賃額が決まっているケースではもちろん、会社の支給額から自身でお家賃を決められる場合も生活費諸々を考慮する必要があるため、家賃は最も重要な要素になります。ここではご予算を基準にどのような物件を選択できるかについて考えてみたいと思います。まずは、ご予算別にどのような物件が対象になるかをご確認下さい

単身物件のご予算 (バーツ)

対象となる物件

50,000 ~

単身で50,000バーツ以上のご予算がある場合は、ハイエンドのサービスアパートを含め、ほぼ全物件が選択肢に入りますので、迷わずご自身の好みを最優先できます

30,000 ~ 50,000

この範囲のご予算は非常に多く、対象としてはサービスアパートの過半数以上が選択可能。物件の条件を細かく絞っても多数の選択肢が期待できます。

20,000 ~ 30,000

このご予算帯はサービスアパートは一部選択が可能ですが、コンドミニアムに焦点をあてれば多数の選択肢が期待できます。比較的多いご予算の範囲です。

10,000 ~ 20,000

選択肢はコンドミニアム一択にはなります。条件は多少の妥協は必要になりますが、外が古くても中は新築のように完全改装したお部屋など選び方次第で◎

単身用の物件探しはこちらより