シラチャ

シラチャについて【概要】

0

シラチャの誕生

0

シラチャの人口

0

シラチャの面積

0 人前後

シラチャの日本人

0

シラチャの仏教徒

カテゴリー
シラチャの概要
  • シラチャの位置関係
  • シラチャの歴史
  • シラチャの現在

シラチャの概要

シラチャの町
  • 町はどこになるか
  • 中心部とランドマーク
  • 主要機関と主要施設

  

シラチャの生活
  • お買い物・ショッピング
  • グルメ・店舗情報
  • 習い事
短期出張/旅行

ページ改装中

シラチャの位置とエリア詳細

 このエリアは「シラチャ郡」という広域の意味でのシラチャになります。チョンブリ県は11の郡から構成され、その一つがこの「シラチャ郡」です。

シラチャの歴史

シラチャの歴史

シラチャのはじまり

 

その昔「シラチャ」という名前の地域は存在せず、このあたりはバンラムーン郡の一部だった。西暦1900年に“チャオプラヤ・スラサック・モントリー”という時の実業家(陸軍司令官でもあり後に農業省の大臣も務めた人物)により、現在のバンプラ区に“Sriracha Capital Company Limited”いうシラチャという名称の入った製材会社を設立。 (現在バンプラはシラチャの中の一つの区だが、当時はこのあたりの大きな郡だった)このシラチャ製材会社が急成長を遂げ、このエリアで巨大なコミュニティを持つまで発展した事を受け、 1903年(明治36年)にバンプラ郡からシラチャ郡への名称変更を要請、その後しばらくはバンプラ郡の名称は変わらずにいたが、氏の影響力は衰える事なく、14年後の1917年(大正6年)に、「シラチャ郡」へと正式に地名が変更された。

 

日本人がもたらしたさらなる発展

 

あたりは森林が圧倒的な割合だったこのエリアは、スラサック氏によるシラチャ誕生から製材業は発展したものの、それでも町自体は依然小さく、シラチャの中心の町はしばらくは、いわば漁師の小さな町だった。近年シラチャが発展した大きなきっかけとなったのは、1991年のレムチャバン港開港にある。開港から後にたった6年で、タイ国内最大の貨物取引量を誇る湾港となるこのレムチャバン港は、タイ東南部へ工業団地が集積していく大きな要因となり、港と完成と共に、多くの自動車関係の日系企業がその工業団地に進出した。そして、近年2011年の大洪水をきっかけに、アユタヤ方面を中心に被害が大きかった日系企業がシラチャ近郊へ移転してきた事で、さらに多くの日本人が増加していった。

現在のシラチャ 2020年

Style Selector
Select the layout
Choose the theme
Preset colors
No Preset
Select the pattern